1. HOME
  2. en+Lab-社会課題解決型人材育成スクール-
  3. カリキュラム概略・講師紹介
  4. 興味開発2nd 強者の真似をするな

興味開発2nd 強者の真似をするな

curriculum02

興味開発2nd 『強者の真似をするな』

強者の真似をするのではなく、それぞれのやり方や考え方で、現代社会の常識や地位を確立した人々がいます。彼らはどんな壁に挑み、どう乗り越えることで破壊的イノベーションを世の中に起こしたのかを学ぶことで、自分がいったいどの分野においてイノベーションを起こし、社会に新たな価値を提供するかを考えます。

興味開発2nd 『強者の真似をするな』

プログラム

興味開発 2nd-1

生命世界にある1つの法則

創造論が多数派だった時代に、科学的観点から進化論を唱えたダーウィンなど、当時は少数派だった考え方が、現代ではあたりまえとされていることは、たくさん存在します。多数派、すなわち強者が常に優勢とされるのであれば、少数派、すなわち弱者は常に劣勢ということになりますが、実際にはそうではありません。では、何が生存できる・できないを決めるのか、ダーウィンの進化論、人間とチンパンジーの違いなどをテーマとして扱いながら、学び、そして考え、時には思い切った発想を持つことが大切であることを学び、考えていきます。

興味開発 2nd-2

弱者が勝ち取った世界一

今では誰もが知っているファッションの一流ブランドの1つである「CHANEL」は、ココ・シャネルが多数派の強者の真似をせずに、新たなアイデアでファッションを変えていき、現在の地位を築いてきました。現在の地位を築いてきた経緯を探るためには、時代的背景を踏まえて見ていくことが大切です。果敢に挑んで打ち破った文化・伝統・社会背景とは何か、飛躍したキッカケは何か、追求した普遍的な価値とは何だったのかなどを知り、考えることで、流行だけでなく社会的背景にも気を配ることの大切さを学び、考えていきます。

興味開発 2nd-3

君はどこに勝機を見出すか

興味開発の2ndフェーズのこれまでの2回の講義を、学んだことをどうすれば、ビジネスの世界で勝機を見出せるかを考えていきます。ビジネスの世界では、多くの人が既にチャレンジしている方が安心感がありますが、まだ誰もチャレンジしていない・気付いていない空白地帯にこそチャンスがあります。そのチャンスに挑む際に、強者の真似をするのではなく新たなチャレンジをすること、そして環境に適応するための努力をすることの重要性を学び、考えていきます。